忍者ブログ
QLOOKアクセス解析
HOME Admin Write

tiny sparrow

日々のつぶやきと萌え語り ・・・・・・・・・・・・・・・ 時々BBSでもつぶやいてます φ(・ω・)                                

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『立ち上がって たたみなさい 君の悲嘆の地図を』

偶然目にした詩の一節に、昔あなたへ書いた詩を思い出した。






ネットの海であなたに出会った。

会ったこともない見知らぬあなた。

年齢も住んでいる場所も経歴も、まるで接点のないあなた。

それなのに、ネットの中でいつの間にか、あなたに励まされていた私。

あなたが、弱った心を詩に託してそこに書いた。




僕は「希望の森」に向かって歩いていたはずなのに。

キミがくれた「希望の森」への地図をしっかり握り締めていたはずなのに、

マヌケな僕は路を間違えて、

「絶望の淵」へ迷い込んでしまった。

せっかく、キミが僕に地図をくれたのに、

僕は、みちを間違えた。

どうしたら、僕はここから出られるの?





私はあなたの庭にそっと詩を届けた。あなたを励ましたくて。





青い鳥を 探したってムダさ

キミが気づかないだけで

すぐとなりに いるんだから

ねえ ねえ どこへ行っちゃうの?

ぼくは いつもここにいるよ

涙でかいた地図を広げてもどこへも行けないよ

キミが抱きしめてくれなきゃ

ぼくも ほんとうの色を 思い出せないんだ





そしてまた、あなたの詩を見つけた。





墨で塗ったような真っ暗な夜空に

2、3の星がまたたいていた。

子どものころは、大きくなったら空に手が届いて、

あの星に手が届くと本気で考えていたよ。

ひとは、空を飛べない。

星も遥かかなたにあると知ったときに

私は、ひとつだけ大人になった・・・気がした。

ねぇ、星のひかりって

何光年と旅して今、来たんだよね。

誰にも気付かれないかも知れないのに、

必死に輝いている小さな星を見上げて、

このごろ、うつむいてばかりいた私が

少し元気になった。

ねぇ。キミの住む町にも、この星の輝きはとどいているのかな?

もう、私は大丈夫だよ・・・・・。





あなたが少し元気を取り戻したようで、嬉しくなって私はまた書いた。





混沌の中から

やっと 僕をみつけてくれた?

キミにみつけてほしくて 

光が届きますようにって

お祈りしたよ

みつけてくれて ありがとう





ただの言葉遊びと言われるかもしれない
そんなの絵空事の関係だと笑われるかもしれない。
でも、この空の下で、あなたも精一杯生きていると思うと
私も頑張らなくちゃと思える。
会ったこともないのに、顔も声も知らないのに。

あなたは もうひとりの私だから。




PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

sparrow

Alas I'm not a tiny sparrow
I have not wings nor can I fly
And on this earth in grief and sorrow
I am bound until I die

ああ 雀でもなく翼も持たない私は
飛ぶことなど叶わない
そして 悲しみと嘆きの大地に
命尽きるまで縛り付けられる

PP&MのTiny Sparrowの一節です。
優しくて哀しい歌です。
この歌のタイトルをブログタイトルにしました。

最新コメント

[05/16 ますみ]
[02/09 ますみ]
[12/26 蝶丸]
[12/18 うさメリ]
[12/16 ますみ]

プロフィール

HN:
砂糖 志緒
性別:
女性
自己紹介:
中途半端なオタクです。
子持ちの主腐です。


時計


カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索


バーコード


P R


忍者カウンター


メールフォーム


忍者アナライズ


Copyright ©  -- tiny sparrow --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]