忍者ブログ
QLOOKアクセス解析
HOME Admin Write

tiny sparrow

日々のつぶやきと萌え語り ・・・・・・・・・・・・・・・ 時々BBSでもつぶやいてます φ(・ω・)                                

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たまっていた録画アニメを見ていたら、ED曲に心惹かれまして。
歌声がワタシ好みで、ホント心惹かれる声で。
で、歌詞に耳を傾けてみると


「おしゃべりがすき 聞くのはきらい
食べることがすき 作るのはきらい
そんなわがままが通じるのは
世界で僕だけだと知っていたかい」


これは……kiri様のとこの冬吾と澪のこと?なんて思っちゃって。

EDサイズじゃなくてフルで聴いてみたくてつべ探したらPVがあったので聴いてみると……。
こ、これは…………死に別れの曲?


「Hello、hello 愛しい人
君のもとへいかせてよ
死にたいのに死ねないのは
どうしてなんだろう」


これは、君のもとに行くには死ぬしかないって、聞こえる。
そうするとー


「Hello、hello 愛しい人
君の声を聞かせてよ
夢の中でもう一度笑いあえたら
君のための僕になる
瞼の裏側で」

これも、瞼の裏側でしか、つまり心の中でしか君に会えないってことでしょう?


「忘れられず今でもまだ
迷っては生きている」


後を追いたかったの?


「いきたい 行きたい 逝きたい イキタイ
生きたい」


でも、生きていくって決心したのー?。゚(゚´Д`゚)。゚(゚´Д`゚)。゚(゚´Д`゚)。゚ウエーン

EDサイズじゃこういうとこ入ってないからわからなかったけど
一度フル聴いちゃうと最初の印象と全く違った歌になって
冬吾と澪が死に別れちゃった歌みたいに聞こえて、泣けてくるの!

これ、愛する人がもうこの世にいない歌に聞こえるんですけど、どう思います?








涙、涙、でもこの声好きだわ。



PR
チロルさまの大峰さん動画のところで名前が出ていたキングさんをつべで見てみました。

まあ、すごいわあと、いろいろ見ていると

キングさんのスラッピングをお勉強しましょうという動画もあるんですね。

Slap bass - Mark King - Louis Johnson - Larry Graham Lesson No.1 .

これ見て、あ、押尾さんもこの奏法って気づきました。

ベースでやると、また違った感じになるんだなあと感心します。

ベースがまるでドラムになってる。

右手でも左手でも音を出す。

スラッピングとかタッピングとか。

TVで押尾さんがレッスンしてましたが、本当に難しそうで、生徒さん達も四苦八苦してましたねえ。

あと、チョーキングという技。

【質問BOX】ギター編~ベンド(チョーキング)について .

これをやるとギターが泣くんですね~。

女性には難しいテクニックだそうです。指の力が必要なので、力が弱い人はできない。

生徒の茉奈ちゃんは隆太くんが楽々やっちゃうので悔しそうでした(笑)

戦メリはこういう様々なテクニックの集大成みたいな作品ですねえ。

でもギターといえばフォークソングも捨て難い魅力があります。

押尾さんもこんなことしてます。





下の動画のように楽しそうにギター弾けたらいいなあ~って思うけど
このテクニックに自分の感情を乗せて弾けるようになるまでには
ものすごい練習量があったんだろうなあ。










達郎さんが好きで、CDもレコード(!)も持っているのですが
最近は全然聴いていませんでした。
それで、この曲も知らなかったのですが、たまたまTVであるミュージシャンが好きな曲として紹介しているのを聴いて、涙がでました。
それでここに貼っておきます。
知ってる方も沢山いると思いますが。







祈っているだけじゃどうしようもないとは思うのですが
祈りって、何か力があるような気がします。
萩尾さんのマンガに、一人の祈りがひとつの惑星を蘇らせたり
死んだ海に命を芽生えさせたり、そういうお話があるのですが
そういうことがあるといいなと思います。


おまけ
土ボタル
とっても幻想的な写真だったので。







忘れたと思っていたのに

例えば、ある曲の最初のメロディを聴いただけで
その時の感情が一気にあふれてきて
何を思い出すわけでもないのに
感情だけが暴走を始めてしまい止められない。

だから、その曲は今も聴くことができない。
苦しくて苦しくて、黒い感情に押し潰されそうになるから。


でも、この曲は切ないけど美しい思い出を歌っているから好き。






もうひとつ、この曲は
「愛して 不埒な僕を」という歌詞が好き。

今日は札幌のツタヤで、私の大好きなアーチストなぎさんのサイン会があった。
でも行かなかった。
雪まつり会場でラジオの公開録音もあった。
でも行かなかった。

うん、基本的に引きこもりなので、出かけるにはちょっとはずみがいる。
誰か一緒に行ってくれる人がいれば行けるんだけどな。
昔、マンガ家さんのサインもらった時も、友達が引っ張っていってくれたから行けたし。
この年になると余計行きにくいよね。
きっと若い子であふれてると思うと躊躇う。


で、これが私の一番好きな曲。
知ってる人は知ってる有名曲。
知らない人は全く知らない曲。



この歌も好きなので貼っちゃう。



新曲も4曲くらい出てて、全部アニメのOPやEDに使われていている。
アルバムが出たら買います。

生なぎさん、ホントは見たかった。

sparrow

Alas I'm not a tiny sparrow
I have not wings nor can I fly
And on this earth in grief and sorrow
I am bound until I die

ああ 雀でもなく翼も持たない私は
飛ぶことなど叶わない
そして 悲しみと嘆きの大地に
命尽きるまで縛り付けられる

PP&MのTiny Sparrowの一節です。
優しくて哀しい歌です。
この歌のタイトルをブログタイトルにしました。

最新コメント

[05/16 ますみ]
[02/09 ますみ]
[12/26 蝶丸]
[12/18 うさメリ]
[12/16 ますみ]

プロフィール

HN:
砂糖 志緒
性別:
女性
自己紹介:
中途半端なオタクです。
子持ちの主腐です。


時計


カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索


バーコード


P R


忍者カウンター


メールフォーム


忍者アナライズ


Copyright ©  -- tiny sparrow --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]