忍者ブログ
QLOOKアクセス解析
HOME Admin Write

tiny sparrow

日々のつぶやきと萌え語り ・・・・・・・・・・・・・・・ 時々BBSでもつぶやいてます φ(・ω・)                                

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kiri様のコメ欄#17038
Azさまの「真夜中の天使」を昔読んだというコメを見て
懐かしくなって記事UPです。
kiri様のコメ欄に書こうと思ったんだけど、あまりに本編に関係ないことなのでこっちに。

私もコメ欄のどこかで「真夜中の天使」のこと書いたことがあったと思います。
「真夜中の天使」はしっかりBLですね。
あの頃はBLなんて便利な言葉ありませんでした。
少年愛なんて言葉はありましたが、今のBLとはニュアンスが違うような。
私は続編の「翼あるもの」の透くんがすきでした。(あ、同じ「とおる」だ)

優さまのコメ
>で、どうしてそこで辞めれたの?
>その後、【キャバレー】とか、いかなかったの?
>で、もって【ぼくら〜シリーズ】とか、【魔界水滸伝】とか【伊集院大介シリーズ】とか【グインサーガ】…


すみませんemoji私もそこで止まってます。興味はあったんだけど、当時ものすごく忙しくて、そういう趣味は自然消滅していったような……
友達なんかは結構読んでいたようだけど、栗本さん、長いシリーズが多くてどうしようかなあと思っていて結局読まなかったんです。
グインなんて超長編で、完結しないままですね(涙)
あ、「キャバレー」は読んだ、映画になったヤツ。
映画も観たけど、あれは面白くなかった。小説は面白かったけど。
映画には野村宏伸のおちりというサービスカットがあったはずだけど
無意味なカットだなあって思った記憶がある。
なんかキレイでおしゃれな絵を撮ろうとして、内容は表面をなぞっただけみたいな薄っぺらい感じだったなあ。
マリーンのレフト・アローンは良かったけど。

で、「翼あるもの」の続編に「朝日のあたる家」があるんですね。これ読んでなかった。
これも長いお話なんですね。文庫で何巻もある。
これは、巽さんがなくなった後の、良くんと透くんのお話なんですね。
もう本が手元にないし細かいところは忘れちゃってるけど
透と良って、明良と秋也みたいところあるなって、今思いました。
どちらも人を引き付ける魅力を持っているのに
良は太陽なのに、もう一方の透はなぜか闇の方へと流れてしまう。
そんで太陽の良も巽さん失ってふらふらしてて、透は憎んでるはずのそんな良をほっとけなくなって……という話のようですね。
これは読まなくては。
透くんも、巽さんを失ったことから立ち直っていくのかな。
「翼あるもの」でモヤモヤしたままだったので、完結編の「朝日のあたる家」でスッキリできるかな。



PR

sparrow

Alas I'm not a tiny sparrow
I have not wings nor can I fly
And on this earth in grief and sorrow
I am bound until I die

ああ 雀でもなく翼も持たない私は
飛ぶことなど叶わない
そして 悲しみと嘆きの大地に
命尽きるまで縛り付けられる

PP&MのTiny Sparrowの一節です。
優しくて哀しい歌です。
この歌のタイトルをブログタイトルにしました。

最新コメント

[05/16 ますみ]
[02/09 ますみ]
[12/26 蝶丸]
[12/18 うさメリ]
[12/16 ますみ]

プロフィール

HN:
砂糖 志緒
性別:
女性
自己紹介:
中途半端なオタクです。
子持ちの主腐です。


時計


カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索


バーコード


P R


忍者カウンター


メールフォーム


忍者アナライズ


Copyright ©  -- tiny sparrow --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]