忍者ブログ
QLOOKアクセス解析
HOME Admin Write

tiny sparrow

日々のつぶやきと萌え語り ・・・・・・・・・・・・・・・ 時々BBSでもつぶやいてます φ(・ω・)                                

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kiri様のコメ欄#17038
Azさまの「真夜中の天使」を昔読んだというコメを見て
懐かしくなって記事UPです。
kiri様のコメ欄に書こうと思ったんだけど、あまりに本編に関係ないことなのでこっちに。

私もコメ欄のどこかで「真夜中の天使」のこと書いたことがあったと思います。
「真夜中の天使」はしっかりBLですね。
あの頃はBLなんて便利な言葉ありませんでした。
少年愛なんて言葉はありましたが、今のBLとはニュアンスが違うような。
私は続編の「翼あるもの」の透くんがすきでした。(あ、同じ「とおる」だ)

優さまのコメ
>で、どうしてそこで辞めれたの?
>その後、【キャバレー】とか、いかなかったの?
>で、もって【ぼくら〜シリーズ】とか、【魔界水滸伝】とか【伊集院大介シリーズ】とか【グインサーガ】…


すみませんemoji私もそこで止まってます。興味はあったんだけど、当時ものすごく忙しくて、そういう趣味は自然消滅していったような……
友達なんかは結構読んでいたようだけど、栗本さん、長いシリーズが多くてどうしようかなあと思っていて結局読まなかったんです。
グインなんて超長編で、完結しないままですね(涙)
あ、「キャバレー」は読んだ、映画になったヤツ。
映画も観たけど、あれは面白くなかった。小説は面白かったけど。
映画には野村宏伸のおちりというサービスカットがあったはずだけど
無意味なカットだなあって思った記憶がある。
なんかキレイでおしゃれな絵を撮ろうとして、内容は表面をなぞっただけみたいな薄っぺらい感じだったなあ。
マリーンのレフト・アローンは良かったけど。

で、「翼あるもの」の続編に「朝日のあたる家」があるんですね。これ読んでなかった。
これも長いお話なんですね。文庫で何巻もある。
これは、巽さんがなくなった後の、良くんと透くんのお話なんですね。
もう本が手元にないし細かいところは忘れちゃってるけど
透と良って、明良と秋也みたいところあるなって、今思いました。
どちらも人を引き付ける魅力を持っているのに
良は太陽なのに、もう一方の透はなぜか闇の方へと流れてしまう。
そんで太陽の良も巽さん失ってふらふらしてて、透は憎んでるはずのそんな良をほっとけなくなって……という話のようですね。
これは読まなくては。
透くんも、巽さんを失ったことから立ち直っていくのかな。
「翼あるもの」でモヤモヤしたままだったので、完結編の「朝日のあたる家」でスッキリできるかな。



PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

無題

そうか、朝日のあたる家 は、そこからか!
なんかもう忙しくなってて、おまけに栗本薫さんの本、前述のように沢山のシリーズ読んでたんで、軽くしか読んでなくて、あまり覚えてない。
まよてん 昔のアイドルなお話しですよね。
流石に細かいことは覚えてないです(泣)ただ、初めて、なんか裏暗いせつな悲しいお話しの入口でした。
この、少し裏暗い匂いが私は西炯子さんの オタケさんシリーズに重ねてたなぁ…多分。
昔すぎて忘れましたが。
魔界水滸伝はその続きで、宇宙ん彷徨っている時の辺で、訳分からなくなって有耶無耶にしました。
グインサーガは、亡くならはるまで、ずっと読んでました。
薫くんシリーズはそんなに多くなかったから全部読んでますね。
伊集院さんは、多分、全部読んだよ。

最近は、ちゃんと読んだのは、百田尚樹 さんの 永遠の0
あれ読んだ少し後に 東京の
あ〜〜 いきなりど忘れした!大きな神社。
あの、戦争で亡くなった方達をお祀りしてるとこ!
あ〜〜、気持ち悪い(泣)
とにかく、行きまして、なんだか遣る瀬無い気持ちになりましたね。
あとは、全然、毛色が違いますが

僕達と駐在さんの700日戦争 by ママチャリ

私、この人がブログ小説の初体験です。
とにかく、昭和男子高校生の馬鹿でスケベでむちゃくちゃで仲間想いなお話しで、
映画より、本のほうが断然おもしろい!

BL小説では秋月こうさんの 富士見交響楽団シリーズ
こちらの桐院圭 は、信史と亨のもっと柔らかい版かも…。
kiriさんのキャラって、物凄く、濃いなぁ~
今、かきながら思ったわ

Re:無題

秘コメさま改、優さま(笑)

間違いだったようなので、公開にしましたよ。

もう昔のことなんでいろいろ忘れちゃってるんですが、書いてたら思い出してくることもあって、「キャバレー」なんてすっぽり忘れてたんですが、思い出しました。
「真夜中…」「翼…」は仕事が忙しくて夜10時過ぎに帰宅してたような頃に読んでて、すぐ寝てしまいたいんだけど、どうしても続きが読みたくて、3時ころまで読んで7時に起きてフラフラしながら仕事してたな。
巽さんて藤竜也かなあ、ちょっと渋すぎかなあ、なんて妄想してましたよ、当時(笑)
それで、どんな話だったかなと調べてみたら、「翼…」は続編ではないんですね。
「まよてん」とは同じ所もあるけど違う話だったんですね。
これを読んでよく分かりました。

栗本薫氏の『真夜中の天使』関連作品について(1)

そしてこんな記事にも辿り着きました。
June全集の内容 第1巻 栗本薫/中島梓

知りませんでした。初期のジュネって栗本先生がほとんど書いてたなんて。
あれもこれも栗本先生だったのね~。

>西炯子さんの オタケさんシリーズ
わかりませ~ん。
プチフラワーはずっと読んでたから、そこに掲載されてたのは読んでると思うけど
沢山読んでるからどれがどれだかわからなくなっています。
>百田尚樹 さんの 永遠の0
これも読んでいません。映画は夏八木さんの遺作なんですね。
神社?靖国神社?
>僕達と駐在さんの700日戦争
これも読んでません。映画も見てないなあ。
>富士見交響楽団シリーズ
読んでませんが、映画化されていたのでちょっとググったことがあります。
今までのBL映画にない激しいラブシーンだそうで。
>こちらの桐院圭 は、信史と亨のもっと柔らかい版かも…。
>kiriさんのキャラって、物凄く、濃いなぁ~
柔らかいんですか。初めは無理やり手籠めにされてたようですが。
「翼…」の透って、ちょっと明良みたいとこあるかもって思いました。
亨や洋平に愛されていなかったら、ああなったかも……なんて。

色々調べていたら、コメ返遅くなりました
コメントありがとうございました!

無題

なんかね。いつもやったらすぐコメ反映されるのに、おかしいなぁ…とは思ってたんよ。
まさか、秘コメになってたとは…。


あ、そうそう。靖国神社。出て来なくて気持悪かったけど、仕事やったんで、調べもせずにそのまま。
すみません〜。
あそこには、0戦も特攻機の回天、桜華も展示されていて、妄想族の私は、恐怖の妄想と闘うのに必死でした(泣)

西炯子さんのは、水が氷になるときのシリーズですよ。志緒さん、知ってるよ。あの双子と三人のにいちゃんのお話よ。

富士見の桐院さん、最初は俺様、王様、横暴野郎、ヤったんですけど、いつの間にやら、たんなる我儘っこになってました。
化けの皮が剥がれてら、ホンマに子どもみたいなトコが沢山です。


Azさんが、私のコメに
> 全部読んだ。 BLっぽいのあったっけ?
なんて、言ってたので、“志緒さんとこで” て、言い逃げだけしてきました♡
さて、ココがわかるかしら?

Re:無題

優さま

やっぱり公開でよかったんですね(笑)

>水が氷になるときのシリーズですよ。

ごめんなさい、思い出せない。絶対読んでると思うんだけど。
10年くらい前の作品ですよね。
あ~、これももう一度読みたい~、もやもやする~。
富士見もね、読みたいなあとは思っているんですけどね、そういうのいっぱいあって

Azさま、初心者と言いつついろいろ読んでるんですよね。
腐に目覚めなければ、普通に読んじゃうものなんでしょうか?

そういえば「終わりのないラブソング」ってジュネで連載してましたよね。
吉田秋生さんが挿絵描いてて。
栗本先生って、暗い話が多かったんだなあって、今頃気づく。

コメントありがとうございました

お邪魔いたします

はじめまして
Azと申します。
優さま、無事たどり着けました(笑)
志緒さまのお名前はkiriさま宅他で拝見しておりました。

栗本薫は高校時代に貪るように読んだにも関わらず、内容を覚えておりません(爆)
30年も前なので…ロウカ?ボケ?

よーく思い出したら確かに耽美だったかも。
どうやら私の中のボーダーがあまりないのかもしれません。
面白いと感じたものを読む。
壁はない。
だからあまり定義付けないんでしょうね。
私の脳内セクシャリティ、男女問わずです(笑)
男も好きですがAKBヲタです。
西炯子先生、全部読んでます。なかよし買ってますし(笑)
…節操ないんですね…
なんでもこいですゴメンナサイm(__)m

こんなAzですが宜しくお願いします

Re:お邪魔いたします

Azさま

ようこそお越しくださいました!
30年前から無自覚な「腐」でいらしたようで(笑)
実際栗本先生ってBL作家じゃないですし、今沢山あふれている男同士の恋愛が主軸のお話じゃないから、あんまりBLを意識しないで読めたのかも。
でも、そういう描写はあるわけですから、それに嫌悪感を抱かなかったということは、充分腐的傾向があったということですね。
私も中学くらいまでは月刊の少女漫画はだいたいよんでました。週間まで手が回りませんでしたが。
高校くらいからは、lalaとか花とゆめ系になっていきました。
Azさまはお年も近いようなので、なにか安心感が(笑)
こちらこそよろしくお願いします。
お気軽にコメントして下さいね。

コメントありがとうございました

今TV見てたら・・・

記事の内容じゃないけど、志緒さまにメッセです。
来週金曜日の「未来シアター」に新海誠さんが組まれてます。
以前記事に書かれてた、「秒速5センチメートル」のアニメ作家さんですよね。
録画して見てください(笑)

Re:今TV見てたら・・・

蝶丸さま

うわあ!情報ありがとうございます!!!
上の子が先日新海監督のサイン会に行ってきて感激してました。
行くまでは、会ったらなんて言ったらいいのかって緊張していたのですが
帰ってきて「優しかった、監督のほうから話しかけてくれた」って言ってました。
まあね、インタビューとか見てると、優しい人なんだろうなって分かるんですよね。
その印象通りの人ようです。
監督は今回の映画の主人公と同年代の男の子がどんな風に感じたのか知りたかったようで、そういうことを質問されたそうです。
録画してみます。

コメントありがとうございました

無題

志緒さま
こんな時間にリコメ~???
私hが言うことじゃないけど…
びっくりした~
今からイニシャルDの14話見てから寝るつまり~です。

Re:無題

蝶丸さま

あははは~(w´ω`w)
9時くらいになると起きてられなくて寝ちゃうことがよくあって
そうすると午前2時ころ目が覚めたりしてPCに向かってる、えへへ。
そう言う蝶丸さまも夜中(いえ明け方)にアニメ見てる~(笑)

sparrow

Alas I'm not a tiny sparrow
I have not wings nor can I fly
And on this earth in grief and sorrow
I am bound until I die

ああ 雀でもなく翼も持たない私は
飛ぶことなど叶わない
そして 悲しみと嘆きの大地に
命尽きるまで縛り付けられる

PP&MのTiny Sparrowの一節です。
優しくて哀しい歌です。
この歌のタイトルをブログタイトルにしました。

最新コメント

[05/16 ますみ]
[02/09 ますみ]
[12/26 蝶丸]
[12/18 うさメリ]
[12/16 ますみ]

プロフィール

HN:
砂糖 志緒
性別:
女性
自己紹介:
中途半端なオタクです。
子持ちの主腐です。


時計


カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


バーコード


P R


忍者カウンター


メールフォーム


忍者アナライズ


Copyright ©  -- tiny sparrow --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]