忍者ブログ
QLOOKアクセス解析
HOME Admin Write

tiny sparrow

日々のつぶやきと萌え語り ・・・・・・・・・・・・・・・ 時々BBSでもつぶやいてます φ(・ω・)                                

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マンガのことを書きたいなって思うんですけど、今あんまりマンガ読んでなくて。
そういうえば昔バトンというのが流行ったことがあって、「コミックバトン」というのがあったと思い出して。
引っ張り出してきました、昔の記事。
2005年10月。うわ、7年以上前だ。
バトンというのは、ある人が質問を考えて誰かに送る。
で、送られた人はその質問に答えて次の人にその質問を送る。
リレーのバトンのように次々に質問を渡していくというもの。




コミックバトン
 
1、本棚に入ってる漫画単行本の冊数
2、今面白い漫画
3、最後に買った漫画
4、よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画
5、バトンを渡す5名

では、いってみます。

 

1、今、数えてみたら91冊ありました。

  あまり持っていないと思っていても、これくらいはあったんだなあと

  ちょっと意外でした。


2、う〜ん、「ふたつのスピカ」も「DEATH NOTE」も

  「HUNTERxHUNTER」も面白いので

  単行本を揃えていくつもりなんだけど、今面白いのは

  単行本は買っていないけど、「プルートゥ」にしておこう。

  月に一回しか読めないのが悲しい。


3、スター・レッド

  今手元になくて、どうしても読みたくなって、買ってしまいました。



4、

(1)「百鬼夜行抄」   今 市子

 

怖い話は苦手な私。マンガ夜話という番組で取り上げたのを見て

これなら私でも大丈夫と思い、単行本を買い始めました。

こわい魔物もいるけど、ちょっぴりおかしくてかわいい魔物もいて、

すっかりこの世界の虜です。

尾白、尾黒コンビと司ちゃんの関係が楽しいです。

ドラマCDなんかもでているようで、青嵐の声を井上和彦さんが

やってるらしく、一度聞いてみたいものです。

 

____________________

(2)「われらはみだしっ子」シリーズ   三原 順

 

これには、と〜っても深い思い入れがあります。

読んでたのが中学生の頃で、とても辛い時期だったので、

その辛さと主人公達の辛さがオーバーラップしてしまい

どっぷりのめり込んで読んでいました。

4人の主人公の中で、私のお気に入りはサーニンです。

とにかく元気で、明るくて、でも不器用で、もろくて

何とかしてあげたくなるキャラですね。

____________________

(3)「ポーの一族」シリーズ   萩尾 望都

 

萩尾さんといえば「ポーの一族」、誰もが認める代表作ですね。

私が初めて出会った萩尾作品でもあります。

その時からの萩尾ファンです。

シリーズ作の中でも「メリーベルと銀のばら」が好きです。

 

____________________


(4)「銀の三角」   萩尾 望都

 


萩尾さんの作品の中で一番好きです。

  


強い糸で深く縫いこめられた、一人の子供の死の運命。

その死が、この世界の崩壊の始まり。

その運命の糸をほぐす強い力を、彼女は探していた。

 

クローンやら、時空人やら、過去へ行ったり、未来へ行ったり、

SFに慣れていない人には、ん?ん?ん?!の設定かもしれませんが、

読み込むほどに深い味わいが出てくる作品だと、私は思っています。

モザイクのひとかけらのような、たくさんのシーンが積み重ねられ

それらが最後には巨大な渦となって、一気に収束していく。

夢の遊民社の「野獣降臨」を観た時にも、そんな感覚に陥った気がします。

 

 

あなたが泣くのは あの子の夢を見ていたから

あの子の夢に約束をしたから

すべてあなたが食べてしまった

銀の三角の 夢も歌も ものがたりも

いまは あなたひとりのなかにある

日ごと夜ごとの夢の瀬に

あなたの心は見るだろう

彼らの音楽 彼らの歌

あなたは 消え去った夢の結晶体として

この夢をわすれぬかぎり 存在するだろう

この時空に

永久に

 

____________________

(5)「スター・レッド」   萩尾 望都

 

星(セイ)という主人公が魅力的です。

エルグが悲しいです。

 

ひとりの人間の祈りのような思いが、死の惑星をよみがえらせる。

私がこの作品を愛してやまない理由は、ここにあります。

SFにおいて、愛というものをこのようなかたちで表現してしまう萩尾さんに 

もう私は信仰に近い思いを抱いているのでした。

 

 

存在していれば

なにかが見つかるかもしれないと思った

 

そして きみに出会った

 

一つの星 一つの運命に 恋している少女

 

きみを 独りじめし

数千年の孤独を

すべてうめたかった

 

・・・星

心からきみを 大切に思う

 

・・・・・・心からだ・・・・・・

 

この惑星の どこかにいるのなら・・・

また この宇宙の どこかにいるのなら・・・

 

受けとっておくれ

 

すべての柱に 地に 

ぼくは きざみこむ

きみを 愛していると

 

きみを 愛している

 

ぼくは 美しい星に住む

美しい生命で ありたかった

 

きみを 愛している

 

祝福され 光と水の中に

いつまでも いたかった

 

きみを 愛している・・・・・・

愛している・・・

 

 

星とエルグが緑の惑星で再びめぐり会う

そんな日を願わずにはいられないラストです。




…………というのが2005年の私の回答でした。
萩尾さん好きならどうして「トーマ」がはいってないのー?というコメントをいただいたりしました。
もっともなご意見です。
あの当時の萩尾さんは全部好きなんです。
5つあげろなんて、絶対無理!
でも私、SFが好きなんです。
萩尾さんがブラッドベリのお話をマンガで描いたのでブラッドベリを読むようになり
他のSFも読むようになり。
SFと言っても私が読むのはファンタジーに近いものが多いかも。
「歌う船」(アン・マキャフリー)とか「銀色の恋人」(タニス・リー)とか、そんな感じが好きかな。

「トーマ」とか、その中に出てくるオスカー様なんて萩尾キャラのなかで一番好きかも。
でもね、SF好きなんです、私。
中学のときクラスメイトにちらっとSFのこと口にしたら、即座に拒否されて。
「私、SFキライだから!」
その時、ああ、女の子はSF受け付けないんだ、て思ってそういうことは口にしないことにした。
だから萩尾さんのSFの素晴らしさを知ってもらいたくて、どうしてもSFに偏ってしまう。
萩尾SFといえば「11人いる!」が有名だと思うけど、私はその続編の「東の地平、西の永遠」が好きです。
このお話では四世に惚れました。四世ー!(泣)
ああ、また読みたくなったよ〜、今手元にないよ〜。

そうそう、「氷菓」(アニメ版)に出てくる漫研の女の子が学際のときコスプレで登校するんだけど、「何のコスプレ?」と訊かれて「フロル」と答えるの。
訊いた子が「フロルって、フロルベリチェリ?」「うん。」
爆、爆、爆、爆、もう、大笑いしちゃった。
今の子誰も知らないって、フロル〜。
そのコスプレじゃ知ってても分からないって〜。
みんなミクやルカのコスプレしてる中、フロルのコスプレするまやかちゃんが愛しい。
「フロル」で分かったさとしくんも愛しい。
そんなエピソードを出す原作者さんも愛しい。


なんか、何書いてんのかわかんなくなってきたので、このへんで。




PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

無題

申し訳ないですが、一気にコメさせて頂きます<br>
<br>
志緒さま<br>
<br>
ずーっと読ませていただいてるんですけど、あんまりコメするとほかの人が入りにくいかなと思って遠慮させていただいていたのですが、コメさせて頂きます<br>
<br>
前の記事の分も一気に書いていきます (ええ、めっちゃ長いんです<br>
<br>
<br>
漫画家9割はBL好きについて<br>
私もそうだと思いますよ、好きなのと描けるのに大きな違いがある人もいらっしゃいますし、理性で抑えてらっしゃる人もいると思います。 ちなみに私は描けない部類に入ります。女の子しか描けないBL絵師さんもいらっしゃいます<br>
私個人としてはBLは小説が一番好きです。自分で勝手に色々想像できるので<br>
<br>
顔認証システム<br>
全然違うんですけど、うちの子供の学校食堂ランチとか、お金の代わりに指紋照合システムなんですよ。 お金だと学校内でいじめにあってカツアゲされたり、人のものを奢って子供が食べてなかったりして栄養管理ができないからなんですけど、この指紋で買った食べ物は毎日私の方が見ているパソにメニューとして上がってきます。ご飯の前に見るとおかずが被らないんですけど。 けっこう食べてない日があります。 先輩に抜かされて、結局何もないらしいです (泣<br>
<br>
コミックバトン<br>
<br>
5作なんて絶対に選べないですよね<br>
<br>
わたし漫画は最近ほとんどまずネットで読んで、好きだったら買うというスタンスです。あとイギリスは図書館のティーンコーナーに漫画がいっぱいあるのでそこで借ります。<br>
<br>
別板で名前上がってた 「絶縁」はシェークスピアの引用文が出てくるやつですね? アニメは残念ながら見ていませんが、コミックは全部読みました。<br>
<br>
わたしは基本オリジナルにこだわるので、漫画原作のアニメだと、まず漫画、アニメ原作の漫画だとまずアニメから、というふうにしています<br>
<br>
全然関係ないですが、志緒さまのお友達のカッキーファンの人の絵が好きです。 カッキー分からないのでコメしてませんが。。。よろしくお伝えください<br>
<br>

無題

Re:申し訳ないですが、一気にコメさせて頂きます<br>
UTさま<br>
<br>
遠慮なさらずにじゃんじゃん書いてください。<br>
長文コメ、全然OKです<img src=http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif><br>
<br>
花の24年組と呼ばれるマンガ家さん達は、竹宮さんみたいにそのものずばり描いてる方もいますが、そうでない方も好きだろうなって方ばかりのような気がします。<br>
そして24年組が好き、尊敬しているというマンガ家さんも多いと思います。そういう方たちはBLに抵抗ないというか、むしろそういう匂いが好きな気がします。<br>
今は24年組なんて知らないマンガ家さんも多いんでしょうが、24年組がマンガに与えた影響ってものすごく大きいんじゃないでしょうかね。<br>
参考までに<br>
http://svc-in.com/<br>
<br>
今は同人誌からプロへっていう作家さんがたくさんいるようですが、そういう方たちはルーツが腐というか、2次創作なんかやってきている人たちなので、プロになっても他作品の2次創作をやって、アンソロジーとして出したりしてますよね。<br>
そういう作家さんたち見てると、好きなんでしょって思うわけです。<br>
<br>
しかし、女の子しか描けないBL絵師さんて、何描くんですか(笑)<br>
>私個人としてはBLは小説が一番好きです。自分で勝手に色々想像できるので<br>
そうですよね、エロシーンも文章で読むほうがエロいと思います。<br>
私は脳内で勝手にBLCD作って、読みながら声も妄想して楽しんでます。<br>
<br>
>お金の代わりに指紋照合システムなんですよ。<br>
すごいですね!<br>
先輩に抜かされて、というのは先輩たちが先に食べちゃって、品切れになっちゃうってことですか。<br>
それも困ったものですね。<br>
最先端のシステムなのに、何だか納得できないですね。<br>
<br>
>イギリスは図書館のティーンコーナーに漫画がいっぱいあるのでそこで借ります<br>
イギリスに日本のマンガがあるんですか?<br>
それもすごい。<br>
ウチのコの中学の図書館にもマンガがたくさんあるようです。私の時代には考えられなかった。<br>
それからラノベも多いようで、新しく入れる本はラノベばっかりみたいです。<br>
<br>
私も買いたいマンガたくさんあるんですが、先立つモノが乏しいのでTVアニメで我慢してます。<br>
「絶園」は声優さんたちがシェイクスピアの台詞をなかなかすてきに発していて、私は好きです。<br>
映画もそうですが、原作とは違う作品になっているけど、それが良い作品になっているものが、時々ありますね。<br>
「ふたつのスピカ」のアニメは原作と違うけど、とっても好きです。<br>
「精霊の守り人」は原作は小説ですが、アニメには原作にないエピソードがたくさんあって、より世界が広がっていて私は好きでしたね。<br>
原作に忠実に作ればいい作品になるかというと、そうでもなくて、監督が思いっきり自分の世界を創りあげていい作品になったというものも、たまにありますね。そういうとこ面白いなあと思います。<br>
<br>
「カキツイ!」の方はお友達ではないんですよ。<br>
偶然見つけて、面白くて絵も好きなので、ブックマークさせていただきました。<br>
「グレンラガン」や「デスノート」の2次もやってらっしゃいます。

無題

今度こそ<br>
実はこちらにコメするの3回目なんです 前2回は送信する前に消えました(泣)<br>
<br>
そこまでして何を言いたいかと言うと <br>
24年組 私は竹宮さん好きです! あ、良く言ってるのですが…<br>
なんで、好きな漫画 モチロン沢山有り過ぎますが<br>
地球へ イズァローン伝説 私を月まで連れてって 風木 変奏曲 ロンド.カプリチオーソて言うアイススケートのお話しですが、この曲がどんなのか弾きたくて楽譜を買いました<br>
… 挫折しました(泣)<br>
今、あの楽譜は実家に有るやろか<br>
<br>
あと、木原敏江さんの摩利と慎吾 <br>
大好きでしたね<br>
たらさわみちさんは 題名忘れた(; ̄O ̄)<br>
<br>
24年組以外では、速水翼さん 道原かつみさん この辺はSFですね<br>
<br>
<br>
最近では羅川まりもさんのしゃにむにGO (完結) ましろの音(現在続きの三味線モノ) 赤ちゃんと僕(完結) <br>
宇宙兄弟/小山宙也<br>
遮那王義経/沢田ひろふみ<br>
よしながふみ え、選べないほど沢山有る<br>
<br>
や〜、漫画はどれも良いですね。<br>
<br>
て、こんな取り止めのない事を書きたくて何度でも挑戦してました(苦笑)<br>

無題

で。<br>
志緒さんが 萩尾望都さん好きなの良くわかります<br>
志緒さんの言葉回しとかの詩的な感じは萩尾望都さんが思い浮かびます<br>
また、詩 書いてくださいね。 おねだり(笑)

無題

Re:今度こそ<br>
優さま<br>
<br>
2回も消えたんですか?<br>
スマホでコメ打ち込んだのに?!<br>
送信前に変なとこ触ったとか?<br>
3度めのコメ打ち込みありがとうございます(嬉し涙)<br>
<br>
竹宮さん、私も大好きです。<br>
前にkiriさまのコメ欄に書いたと思いますが、エドナンの息子のニーノが好きです。<br>
ファラオの墓もいいですよね。その昔父にも読ませました。面白いって言ってました。これは男女問わず楽しめる作品じゃないかな。<br>
序奏とロンド・カプリチオーソ、どんな曲なんでしょう?<br>
「愛のアランフェス」っていうマンガもありましたね。<br>
アランフェスはスケートでよく使われるし有名な曲なので私でも分かるんですけどね。<br>
摩利と慎吾 も読みました。摩利は最後まで慎吾との友情を貫いたんですよね、確か。<br>
かなり切ない状況に陥ってましたよね、摩利くん。<br>
ああ、思い出すと萌えてくる(笑)<br>
<br>
羅川まりもさんは読んだことないです。でも赤ちゃんと僕は聞いたことあるかな。アニメになってた?<br>
宇宙兄弟はアニメしか見てないです。今、日々人がピンチです。<br>
遮那王義経、これ相方がブックオフでまとめ買いして読んでたから私もちらっと読んでみて面白そうって思ったんだけど、あっという間に読み終わってあっという間にまたブックオフに売られて行きました。残念。<br>
よしながふみさんは、なんていうんでしょう、乾いた感じというんでしょうか、重いテーマもさらっと描くところが好きです。<br>
<br>
私の詩もどきに萩尾さんを思い浮かべて下さったなんて、嬉しいやらもったいないやら、ありがとうございます。<br>
また昔書いたのを引っ張り出してきてUPしますね。<br>
<br>
もしよければ、BBSを設置したのでそちらで思いっきりマンガについて語ってください。ブックマークの欄の一番下のBBSから入れます。<br>
<br>
消えても何度も挑戦ありがとうございました。<br>
また挑戦よろしくお願いします。<br>

sparrow

Alas I'm not a tiny sparrow
I have not wings nor can I fly
And on this earth in grief and sorrow
I am bound until I die

ああ 雀でもなく翼も持たない私は
飛ぶことなど叶わない
そして 悲しみと嘆きの大地に
命尽きるまで縛り付けられる

PP&MのTiny Sparrowの一節です。
優しくて哀しい歌です。
この歌のタイトルをブログタイトルにしました。

最新コメント

[05/16 ますみ]
[02/09 ますみ]
[12/26 蝶丸]
[12/18 うさメリ]
[12/16 ますみ]

プロフィール

HN:
砂糖 志緒
性別:
女性
自己紹介:
中途半端なオタクです。
子持ちの主腐です。


時計


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索


バーコード


P R


忍者カウンター


メールフォーム


忍者アナライズ


Copyright ©  -- tiny sparrow --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]