忍者ブログ
QLOOKアクセス解析
HOME Admin Write

tiny sparrow

日々のつぶやきと萌え語り ・・・・・・・・・・・・・・・ 時々BBSでもつぶやいてます φ(・ω・)                                

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

可愛らしいキャラデザで、声優も好きだったので軽い気持ちで見ていたアニメですが
回を重ねるに連れ、え…これは……とっても深い内容なんじゃないの?と、毎週楽しみになってしまったアニメです。

「神様のいない日曜日」
原作は入江君人のライトノベル。

独特の世界観。
15年前に神様に見捨てられてしまった世界。
その時から子供は生まれることがなくなり、死者が死ななくなってしまった世界。
一旦死んでも蘇り、生者と変わらない生活を送ることができる死者たち。しかし死んでいるので、体は徐々に損傷、腐敗してゆく。
その死者を、眠りにつかせることができる唯一の存在が「墓守」。
墓守に埋葬されることで初めて人は安らかな死を迎えられる。
そして、心からの願いが「異能」というかたちで叶えられてしまう世界でもある。

願ったことで、死者にもなれず、不死として生きる男。
死者として生きることを望んだ者達が集う死者の都。
母の「全ての生者に死を」という願いを肯定したことで、五感で接触したものを即死させる力を持ってしまった少女。
クラスの強い願いで、永遠に1年をループし続け、未来へと進むことがない閉じられた世界。
そんな人々を、世界を、本気で救いたいと行動する少女、主人公「アイ」。

15年前から子供は生まれなくなっているのにアイは12才。この点で、既に異質な存在。そして「墓守」でもあります。
そのアイが巡り逢った仲間と旅をして、様々な人々と知り合い、歪んだこの世界の真実に触れてゆく、そんなお話です。
生きること、死ぬことの意味。
心からの願いが叶うことは本当に幸せなのか。
そんなことを考えさせられるちゃうアニメです。

ラストからエンディングテーマへの入り方が絶妙で
パンドラの匣を開けて世界にあらゆる悪が飛び散った後に、希望が顔をのぞかせたような、そんな気持ちにしてくれるエンディングだと思います。
期待しないで見ていたのですが、結構好きです、このアニメ。




PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

sparrow

Alas I'm not a tiny sparrow
I have not wings nor can I fly
And on this earth in grief and sorrow
I am bound until I die

ああ 雀でもなく翼も持たない私は
飛ぶことなど叶わない
そして 悲しみと嘆きの大地に
命尽きるまで縛り付けられる

PP&MのTiny Sparrowの一節です。
優しくて哀しい歌です。
この歌のタイトルをブログタイトルにしました。

最新コメント

[05/16 ますみ]
[02/09 ますみ]
[12/26 蝶丸]
[12/18 うさメリ]
[12/16 ますみ]

プロフィール

HN:
砂糖 志緒
性別:
女性
自己紹介:
中途半端なオタクです。
子持ちの主腐です。


時計


カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


バーコード


P R


忍者カウンター


メールフォーム


忍者アナライズ


Copyright ©  -- tiny sparrow --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]